わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

ベビーシッター費用の助成(国制度)

[概要]

仕事や職場復帰のために利用する民間のベビーシッター費用や、多胎児(双子や三つ子など)を養育しているご家庭で、民間のベビーシッターを利用した場合の利用料の一部を助成します。
本制度は、「企業主導型ベビーシッター利用者支援事業」として内閣府が行うもので、利用者は、務め先の事業主から交付を受けた割引券を使用することで、利用料の割引を受けます。

<支給内容>
ベビーシッターの利用1回あたり、下記金額の割引券を使用できます。
・お子さん1人につき2200円(計算例:きょうだい2人の場合4400円)
・双子の場合9000円
・三つ子以上の場合1万8000円

なお、本事業における割引券を使用した場合も、割引券の金額を差し引いた額が「幼児教育・保育の無償化」の対象となる可能性があります。
このため、領収書は、割引券の金額とそれ以外の金額を判別できるようにしておく必要があります。

幼児教育・保育の無償化について詳しくは、下記のリンク先ページをご覧ください。

ベビーシッターなど認可外の保育サービスの無償化についてはこちら

子育て応援情報

「子育てナビ」をシェアしよう
  • つぶやく

広告

  • 真砂幼稚園
  • 葵幼稚園
  • 鏡戸幼稚園
  • 花水木幼稚園
  • 子鹿幼稚園
  • おだか小児歯科